かずきち。の日記

サーバサイドエンジニアのつぶやき

無表情でも問題なし!人間がにこにこ笑い出す技術を開発!

http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/552ae8605582a7805290d974a9dc185f/205754013/dims.jpg
引用:
http://japanese.engadget.com/2017/10/11/facebook/

テアルデビ大学とfacebookは忍伝の表情にアニメーションを適用する技術を発表

動画から特徴量を自動的に検出して顔をニコニコさせることができる。
技術的には二次元ワープ法を使っている。

youtu.be
引用:
https://youtu.be/-RetOjL1Fhw

アバター・アイコンでプロフィールにするプラットフォームがある一方で

今回開発された技術はネット上の自己表現に一石を投じるものになっている。
二次元ワープ法とは男性マッチング法であり、画像パターン認識問題の基本道具である。
画像をゴムのように変形させて画像との最大一致を取る仕組みである。

単調連続二次元ワープ法と動的計画法

動的計画法は割愛するとして、単調二次元ワープ法とは?
オンライン手書き文字などを特定させる技術のことで、機械学習などの事前知識を必要としない技術である。
機械学習には教師付き学習と・教師なし学習が存在する。
教師付き学習とは何なのか?
人間のフィードバックを行うことで、そのシステムがもっと賢くなる仕組みのことである。
Googleはまさに教師付き学習で、みんなが誤変換をしたり、Youtubeを見ることで、そのアルゴリズムはもっと賢くなる仕組みのことである。
教師付き学習はエンジニアにとってはすごい楽なことであり、ユーザーのフィードバックがどんどん生かされて自動的に賢くなっていくパターンである。

サイトのプライバシー ポリシーについて
Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。サイト運営者様のサイトや法律は国ごとに異なるため、Google でプライバシー ポリシーに関する具体的な文面を提案することはできません。サイトのプライバシー ポリシーを作成する際には、Network Advertising Initiative などのリソースを参考にされることをおすすめします。Cookie 使用の同意を得るための情報通知に関する詳細については、cookiechoices.org をご覧ください。