かずきち。の日記

サーバサイドエンジニアのつぶやき

初回限定盤を作るのはレーベル、出版社にとって得策か?

初回限定盤を作るのは果たして売上げアップにつながるのか?

https://www.instagram.com/p/Bn_V2dqlZIUJ8aQfREzvA8G_Jq9RCUmtdr8g-o0/
#miwa

CDや書籍には初回限定盤という謎な仕様がある。
別にそれを目当てに買っているわけではないが、果たして初回限定盤は売上アップに貢献しているのか?

初回限定盤を作るメリットとしては…
プレミア感が演出されるので、確かにどうせ買うなら初回限定盤を買っておこうかなーという気分になる。

一方で...
初回限定盤をやってしまうと、2版以降の通常版を買う気がだいぶなくなる。
初回限定じゃなかったら、いつ買っても同じだろ?というわけで結局一生買わないという謎のロジックになる。

本は買うと決めたら、初版で買う。機械類は再販決定で買う。

これは一つ自分のポリシーだが、本は初版で買おうと思う。
だって初版も第二版もそれと言って機能が変わっているわけではないし、早く読みたいので初版を買う。
でもパソコンや携帯電話は必ず、メジャーリリースになってから買おうと決めている。
だから自分のiPhoneなどは絶対にs(Second)が付いた状態で買うようにしている。
家電で新製品に飛びつくのは結構やっかいじゃないかなーと思っている。
ソフトウェアのバグなら、アップデートで治るがハードウェアの故障は直しづらい。

新製品は買わないけれど、レビューは辛口でします

商品には結構うるさいので献品してもらえれば、物販・飲食なんでもレビューします。
今まで何百件のレビューをしてきたので、少し自信はあります。