かずきち。の日記

サーバサイドエンジニアのつぶやき

今さら聞けない!TikTokとSnapChatの違いはわかってる?

似ていいるサービスだけど、TikTokとSnapChatのサービスの違いはわかっていますか?

最近はいろいろなウェブサービスが出てきていますが、もしかしてYouTubeだけ見ているということはありませんか?
Youtubeは動画共有サービスとしてとても有名ですが、一本あたりの動画を撮影するのに機材や編集が必要になってくるので、
「さぁ動画を撮るぞ!」というモチベーションがないと始められません。
ですが、TikTokもSnapChatは誰でも簡単に始められるという点で注目するべきサービスなんです。
前置きもないし、ただ見ているだけで面白いんです。
それぞれのサービスを説明していきますね。

TikTok

これは自分は好きでよく見ています。
音楽に合わせてみんなが短い動画をアフレコで投稿するアプリです。
中国の会社で日本の支社は新宿にあります。
ByteDanceが運営してるメディアでして、西新宿に日本の支社があります。

f:id:kazukichi_0914:20181217220234j:plain


この前遊びに行ってきまして、TikTokが考える戦略についてお話を聞いてきました。
今の所広告はありませんが、今後はそういうところも視野に考えています。
TikTokでは音楽に合わせて若い子が踊る動画が盛んです。
でもこれは著作権の問題も多くグレーゾーンなところでした。

ですが、TikTokはエイベックスと提携をし、25,000曲のレーベルの楽曲の提供を受けています。

avex.com
引用:
https://avex.com/jp/ja/news/2018/tiktok_25000/

なので、著作権違反じゃないのー?って思う曲もあるかと思いますが、エイベックスとクロスライセンスになっています。
アジア地域の進出にTikTokとエイベックスが力を合わせていこうという試みです。

SnapChat

これはまた違コンセプトがあり、一定の時間で動画が消えます。
マイストーリーのコンテンツは24時間で消えて、友人との連絡機能では最大10秒で消えます。
若い子の告白とかで活躍するんですかね?
自分はせっかく力を入れてコンテンツを作るならTikTok>SnapChatだと思いますね。

それぞれ目的が違うので、特徴を踏まえて利用しなければいけません。

こういった背景にはinstagramに代表されるようなフォトジェニックな投稿を求められるSNS疲れの若者を取り込む狙いがあるわけです。
TwitterもInstagramもできてから長く年月が経ちます。
すると暗黙の了解ができて、そこに居づらくなる人達が出てくるわけです。